ネイリストになるためのルートとしては、ジェルネイル検定などの資格を取得してスキルアップをした後、
ネイリスト求人からネイルサロンをはじめとした様々な職場に就職するというのが一般的です。
しかし、ネイリストとして働いているうちに、新たなステージで活躍したいという思いが湧き上がることがあります。
今回は、そんなときに選択肢として覚えていただきたいネイリストの働き方について詳しくご紹介します。

ネイルサロンに勤めているネイリストの中には、出張ネイリストとして活動している人も少なくありません。
出張ネイリストとは、その名の通りサロンに来てもらうのではなく
ネイリストの側からお客のもとへと出張し、ネイルを飾り付けるというサービスです。
事務所を構える必要が無いため、ネイルの道具や材料があればどこでも稼げるというのが利点です。
出張ネイリストは一般のネイルの施術よりも割高になりがちですが、
忙しい主婦の方や自宅から離れられない人たちから支持されています。

また、個人の自宅だけではなくてイベントなどに出張してネイルのサービスをすることもあります。
高齢者介護施設や地域の交流会といった場所でネイルの施術をすれば、自分の名前を宣伝するチャンスにもなるのです。
こうした出張ネイリスト活動を下敷きにしたうえで、自分がネイルサロンの主として独立するという将来を思い描くのも良いでしょう。
出張ネイリストとして十分に食べていけるぐらいの顧客を獲得で来ているのであれば、無理に事務所を構える必要はありません。

しかし実際には、出張ネイリストだけで食べていくのは難しいので、小規模でも事務所を構えることをおすすめします。
もし美容師に知り合いがいるのであれば、美容室の一部を間借りさせてもらって、
そこでネイルの施術をするという働き方も珍しくありません。
美容室側にとっても他のお店との差別化が図れますし、ネイリストとしても髪と爪を
セットでコーディネートする学習の機会になるのです。
事務所を構えるのが難しい場合は、自宅をネイルサロンにするという方法もよく見られます。
いわゆる自宅ネイルサロンと呼ばれるもので、初期費用を抑えられるだけでなく結婚や出産後も続けられる仕事として人気なのです。

ただし、ネイリストの資格を取得していきなり独立というのはリスクが大きいといえます。
まずはネイリスト求人で就職先を探し、そこで経験を積んでおいた方が後々の失敗を防ぐことに繋がります。
就職先では将来を見据えて、スキルアップやお客とのコミュニケーションだけでなく、
経営の方法についても学んでおくと良いでしょう。