ネイリストになるには、優れた技術や知識だけでなくネイリストとしての心構えも持ち合わせなければいけません。
これからネイリスト求人を手に取る方は、ネイリストがどのような気持ちでお客と向き合っているのかを考えてから面接の準備を始めましょう。

ネイリストの仕事で最も重要なことは、お客の爪を美しく輝かせることです。
ジェルネイルやマニキュア、スカルプチュアといった種類の中から、お客の好みに合わせたデザインに仕上げます。
ときにはテーマを指定されて、デザインはネイリストに委ねるといったお客もいますが、

こういったシチュエーションはネイリストの腕の見せ所といえます。
ネイリストはアーティストとしての側面も持っていますが、同時に接客業でもあるのです。
ネイルを飾る人たちの多くは、爪以外の部分のおしゃれにも気を使っています。
ネイリストはトータルコーディネートを意識しながら、
お客にまったりとした時間を過ごしてもらうことにも注意を払う必要があるのです。
おもてなしの心、いわゆるホスピタリティによってネイルサロンの質は大きく変わってきます。
どれだけ技術が優れていても、不愛想で嫌々に爪を飾られてはお客の側がまた来たいと思うことは少ないでしょう。

一方で、細かな配慮が行き届いた快適なサービスを提供することが出来る、
すなわちリピーターの獲得が上手いネイリストは、お店にとって貴重な戦力となりえるのです。
技術を磨くだけでなく、お客への配慮を身に着けることが一流のネイリストへの第一歩です。
ネイルサロンでは、実際に爪をデコレートする前にカウンセリングを行います。
ここでお客の職業や趣味、好みのデザインなどを聞き取るのです。
職業によっては、あまり派手なネイルを付けることが許されないこともあるでしょう。

また、細かい作業やガーデニングといった手仕事が趣味の方には、
短い爪で楽しめるデザインを紹介するのもカウンセリングにおけるステップです。
これから飾るネイルをどのようなシチュエーションで活用するのかも情報として聞き出します。
結婚式やお祝い事であれば上品なデザインに、デートならキュートで女性らしい印象のカラーを
使おうといったイメージを思い浮かべつつ、お客に提案していくのです。

こうしたカウンセリングを終えた後、施術へと移っていきます。
施術の途中でも、お客がリラックス出来るようにドリンクやブランケットをサービスしたり、
好みのBGMをかけるといった配慮が求められます。
お客に快適な時間を過ごしてもらいたいという気持ちを持ったネイリストが、
ネイリスト求人の中で募集されているのです。